もしかすると・・・の不安から


当初の予定より

プラス3枚・・・多めにスペーサーを積み重ね


通勤ラクラク

ポジションにセッティング


それでも・・・なお



ステムより

飛び出した
IMG_4655-2.jpg
フォークコラム



さすがに
このまま

乗るわけにもいかないので

初めての
コラムカットw



ステムの上面に沿って
エンピツで一周
IMG_4657-2.jpg
基準となるしるしをつけて


さらに
その基準のしるしから
下方へ3mm

IMG_4658-2.jpg
スペーサーを利用して

もう一本
グルッとしるしを付ける・・・

この位置が
IMG_4659-2.jpg
今回カットするところ


ちと

ズレたかな?w


まっ

あまり
細かいことは気にせずに



ただ


この
しるしのとおり
まっすぐ切る自信はないため



新たなアイテムを導入
IMG_4660-2.jpg
ソーガイド



説明書のとおり

本当は

万力で
ガイドごと
ガッチリ固定したいところではあるが
IMG_4663-2.jpg



さすがに
自宅に万力は無く

コラムを保持できる
適当な台を用意


先ほど
付けたしるしを目安に
ガイドをセットして金ノコを当てて

そ~と
切り落とすポイントを確認


ここでよし・・・と思ったら


思い切って・・・
IMG_4664-2.jpg
カットw


切り口を確認すると・・・

IMG_4666-2.jpg
すこしズレたような
心の乱れ・・・が感じられるけど



とりあえず
バリとって

フレームに仮組み


コラムとステムの関係を

確認・・・すると



あら?

やっぱり
まだ、足りず


もう一度・・・
IMG_4669-2.jpg
アタックw


今度は
IMG_4674-2.jpg
乱れなく


1mmほど
IMG_4671-2.jpg

スライスカットw
ステムは

チネリで組んだモノと同じ
IMG_4624-2.jpg
ディズナ リードステム

突き出し長は
悩んだあげく・・・80mm



ホリゾンタル好きにとって

トップチューブとの関係は・・・重要


だから・・・
IMG_4626-2.jpg
角度は73°



ハンドルも
IMG_4628-2.jpg
ディズナ

クランプ径は細めの26mm


とても使いやすいので
3本目のJ-Fit

ただし
過去の2本は420mm (C-C)だったけど

今回は
少し狭めて・・・400mmに




次なる

問題は・・・
IMG_4630-2.jpg
フォークコラムの長さ
フレームの

お手入れが済んだら



いよいよ

組み立て作業



先ずは

ヘッドセットの取り付け



今回
組み込むヘッドセットは・・・
IMG_4606-2.jpg
ダイアコンペのCB-2


過去
チネリに取り付けたタイプと
同じモノにしてみた・・・けど


当時より
若干値上がりした・・・感じ(涙)



カラーについては

フレームとのバランスを考え
シルバー!・・・と決め


FAIRWEATHERの
マットもいいなw

・・・と思ったけど




ヘアーライン?の

IMG_4607-2.jpg
こちらでw



下玉押しは
IMG_4608-2.jpg
割が入ったタイプ



だから

工具は使わず
ハンドでつかみ


コラムの上から
ス~と入れて

IMG_4610-2.jpg
簡単にシートw



切れ目は
IMG_4611-2.jpg
後ろ側でよいかな



ワンの圧入工具は

二度と使うことがないかもしれないかも・・・と思いながら

思い切って購入してしまった・・・


IMG_4612-2.jpg
Cyclusの工具


しかし

購入後、思いのほか

何度も使うことになり



今回も登場w



使い方はいたってシンプル

ヘッドチューブに対してヘッドパーツを上下片方づつ挿みこむだけ


ただし

上下のワンを間違えないように!w



今回は下側より
IMG_4613-2.jpg
圧入w


Tハンドルをぐりぐりまわして
IMG_4618-2.jpg
ヘッドチューブにシート


いったん

工具を外し


対する

上側のワンをセット
IMG_4619-2.jpg


先ほどと同じように


Tハンドルをぐりぐりまわして

IMG_4621-2.jpg
上側もシート





とりあえず


これで

IMG_4622-2.jpg
フォークが付いたw

サーリーのたわごと 記事の中から

スチールフレームのお手入れを読んで


フレーム内部の防錆処置・・・を実行しようかと


記事に出てくる
J.P. Weigles Frame Saver なるものは手元に無いから

近所のホームセンターより調達した

IMG_4604-2.jpg
KURE で代用



フレームに開いた穴から

ノズルを突っ込み

シューと吹きかけ

IMG_4605-2.jpg

フレームを持ち上げ

上下をさかさまにしたり
あちこち傾けて

内側全体に油膜ができますように

フォークも同じように
シューとw




外側の
サビは目視で発見できるけど

内部のサビは・・・ほとんど

確認できないから


念のためw
サイズ52の

フレームであるハズが・・・


実は

50だった!と判明した・・・ペーサー



なんとかして乗ろう・・・とも考えたけど



やはり・・・


やめましたw


僕の環境が
このまま変わらなければ
残りのジテツウ生活も・・・10数年


距離にして

たぶん

地球をもう一周くらい

走るだろう・・・から


気持ちを切り替え

ちゃんと体にフィットする

次なる候補を模索




フレームは

ほぼほぼ

Surlyでいこうと
固まりつつあったので

とりあえず

Pacerの後継機を探す・・・と


ありました!w


Midnight Special


グラベル的で

かなり
グッときたんだけど・・・


基本
僕のジテツウルートは

ほぼアスファルトの舗装路


ダートはない


それに

今回は
ジテツウ専用

リアキャリア、フェンダー、ハブダイナモ、センタースタンドありプラン

そこで
もう一度基本に戻り・・・検討した結果



ついに

決めましたw

IMG_4345-2.jpg



これは
シクロバイクになるのかな
ブレーキをどうするか?・・・課題が残るけれど


とりあえず


サイズだけはチェックにチェックを重ね


IMG_4344-2.jpg
Surly Cross Check

サイズが52


新品の
IMG_4581-2.jpg
フレームセット



まっさらだけに

ペイントがとてもキレイな状態


そこで

問題となるのが・・・以下の処理


IMG_4582-2.jpg
BB



IMG_4586-2.jpg
ヘッドチューブ



IMG_4587-2.jpg
フォーククラウン



サーリーのたわごとによると

余分なペイントについては

ナイフで削り落とせば・・・まあまあな結果

が得られるらしいけれど



せっかくのおニューなので

フェーシングってどうよ?・・・と

ご近所のショップに問い合わせ



すると

工賃はそれなりに高いいいお値段・・・。



念のため

サーリーが得意そうな

ショップにも問い合わせ


すると

こちらは

ご近所価格の・・・1/3以下

大幅プライスダウンw



そうとわかれば


さっそく

連絡して


持ち込みw




その40分後・・・


IMG_4589-2.jpg
BB

IMG_4588-2.jpg



IMG_4600-2.jpg
ヘッド




IMG_4595-2.jpg
フォーククラウンも

いい感じw