さてさて

クリスマスに届いた謎の箱
IMG_5960-1.jpg

感の鋭い方はお気づきかと思いますが・・・

開封してみますと

中身はそう

数週間前に発送した・・・
IMG_5964-1.jpg
あのフレームです

実はこのフレーム
IMG_5975-1.jpg
アルミニウムではなくタイタニウム製

僕にとって
はじめてのチタンです


事の次第は・・・

ある日のこと
フレームをキレイにしようとフキフキしていると・・・ん?汚れ?
しかし、何度拭いても・・・取れない

その部分をツメでカリカリしてみると・・・引っ掛かる感じ

あちゃ~

そこは
シートチューブとBBとの付け根
IMG_5537-1.jpg

溶接のビード部に
IMG_5528-1.jpg
怪しい模様・・・。

念のため
非破壊検査をしようか?と思いましたが・・・

ま~
ほぼ、クラックに間違いないでしょう・・・(涙)


さてさて
これからどうするか?

以前、アルミフレームの溶接修理はしたことがありますが
チタンの修理なんて・・・はじめて。
そもそも溶接修理をしてくれるのか?

メーカーをはじめ、フレームビルダーなど
各方面に問い合わせしました

すると・・・いらっしゃるんですね
世の中には
その道のプロが!w


今回は
その方に修理を依頼・・・

クラックの部分だけでなく
シートチューブ周りを全周
溶接修理してくれました!

ビフォー
IMG_5049-1.jpg

アフター
IMG_5985-1.jpg
クラックのあった
右サイドから後ろにかけて・・・

後ろから左サイドにかけて・・・
IMG_5980-1.jpg

そして
左サイドから前方へ
IMG_5983-1.jpg
納得の
きれいな仕上がり

いい仕事っぷりです!
IMG_5986-1.jpg
Kさん
今回はどうもありがとうございました!