不定期的に
お伝えしております

「チタンフレーム組み立てプロジェクト」


前回は
フォークコラムにクラウンコーンの取り付けをしました。


今回はいよいよ
ヘッドチューブにアッパーコーンとアッパーカップを取り付けます。

前回同様
今回の作業も・・・初めてw


当初は
先人たちの知恵を参考に
自作工具で行うつもりでしたが・・・


いろいろ葛藤


その結果・・・

IMG_6920-1.jpg
Cyclus Tools headset press 1" & 1 1/8"

ニューアイテムを導入w



ちとゴッツイ、
このアイテム

もしかすると
出番は今回きりで

次回もあるのか?

わかりません・・・が

少しでも
経験値を上げておくため

早速
作業を開始です。


ヘッドパーツの圧入・・・

本来なら
上下を同時に取り付けるのでしょうけれど

今回は
念には念を入れ
別々に実施



先ずは
上側から

ヘッドチューブに
ツールとアッパーコーンをセット
IMG_6924-1.jpg

下側のスリーブを保持しながら
T-ハンドルをジワリジワリと回します

スルスルと入っていく
手応えを感じながら・・・

アッパーコーンがチューブ上端にシートするところまで
IMG_6929-1.jpg
とどめにグイっとトルクをかけます

はみ出たグリスをふき取り

隙間をチェック
IMG_6935-1.jpg
OKかなw


続いて・・・下側


アッパーカップをセット
IMG_6926-1.jpg

先ほどと同じように
T-ハンドルをジワリジワリと回して

アッパーカップがチューブ下端にシートするまで
IMG_6931-1.jpg
最後にギュ~とトルクをかけて

グリスをふき取り

隙間をチェック
IMG_6934-1.jpg
こちらもOK

さすが専用工具!

初めての圧入作業も
無事終了w



ちなみに・・・今回の作業

チタンチューブに対してクロモリ鋼のアッパーコーンとアルミ合金のアッパーカップを圧入しました。
そこで懸念されるのは、異種金属同士の接触による腐食、いわゆるガルバニックコロージョンです。
念のため、接触面にグリスを塗ってみたものの、対策として効果があるのか・・・不明
あとは普段から水分が溜まらないように気をつけるだけ・・・かな


さてさて

この後は
フォークを挿し込みます

いま一度マニュアルをチェック
IMG_6939-1.jpg

2つのボールリテーナーを
それぞれアッパーコーンとクラウンコーンにセット
IMG_6941-1.jpg
コラムを
そ~とヘッドチューブの中へ
挿し込みます

IMG_6943-1.jpg

IMG_6942-1.jpg

・・・あれ?

ボールリテーナーの向き・・・って

マニュアルの通りに
セットしたものの・・・
IMG_6944-1.jpg
やっぱり、違和感

こちらの向きが正しい気がする
IMG_6946-1.jpg

向きを合わせた後

上ワンをある程度締めてから

玉当りの調整・・・
IMG_6950-1.jpg

う・・・う~ん?

何度も
何度も調整してみた・・・ものの


フォークを回転させると
どうしても9時から12時の範囲で抵抗が増え重くなる


何かがおかしい

果たして
重くなる原因は何なのか?


プロジェクトは
しばらく続きそうです(涙)