前回、判明した
フォークの回転が重く感じる・・・ヘッド問題

いったい
何が原因なのか?


取り付けた
ヘッドパーツか

もともと
フレームの精度か

そもそも
僕の作業か


そのまま
放ってはおけないので
原因を探求




フォーク側に原因があれば、修復もラクなのに・・・

なんて期待をしながら


先ずは
フォーク側から調査

最初に疑ったのは
取付けたクラウンコーン

もともと取付ける前から
フォークのフェイス面が荒い状態だったのに

取り付ける際、塩ビパイプでバンバン押し込んで

もしかすると
それで傾いてしまったのか・・・


次に
疑ったのはフォークコラム

スレッド部はスチール製でサビも発生するし
キー溝加工もしてあるコラム

長年使っていると
ちょうど締め付ける辺りのネジ山がヤセてくるのか・・・

・・・など

疑わしい部分を
いろいろ調べてみましたが
確証は得られず


うれしいやら、悲しいやら

どうやら

フォークはセーフである可能性が高い


となると

原因は
まさかのフレーム!?


試しに
上下にあるボールリテーナーを
片方ずつにして
ヘッドとフォークを仮組みしてみた


上側だけの場合

ほぼ垂直に収まり
スムースな回転、問題なし


下側だけの場合

垂直ではなく
少し傾いた・・・ような

そのままフォークを回転させると

内部で接触して
どこかが擦れる・・・感じ

隙間が無く、
実際に見て確認はできないけれど



もしかして・・・

コラムに付いていた・・・一本のスジ
IMG_6814-1.jpg
これって・・・何かのしるし

では無く

キズなのか?!



参考値として

ヘッドチューブの長さを
IMG_7063-1.jpg
前後左右・・・4ポイントで計測


その結果・・・

前側も右も左も・・・ほぼ同じ
IMG_7068-1.jpg
おおよそ112.10mm


ところが・・・

後ろ側・・・だけ
IMG_7072-1.jpg
112mmを割り込んで・・・

IMG_7075-1.jpg
111.84mm


この差

0.26mm


コレって
計測誤差だよね・・・と自分に言い聞かせつつ

何度、測り直しても・・・

値は?・・・ほば同じ(爆)


え~

マジで!?