静岡県の東部に位置する・・・
IMG_7383-1.jpg
伊豆半島

海あり、山あり、そして川あり
景色もよく、海の幸、山の幸が満載!・・・とってもええところです

そんな伊豆
前々から
ライドをしたいと思っておりました

しかし
そこそこ広い伊豆半島

自転車で
一度にまわるのは・・・大変



そこで・・・

今回は

この辺りを
IMG_7384-1.jpg
ピックアップ


イメージとしては・・・

修善寺から達磨山を上り
IMG_7402-1.jpg
駿河湾のバックに富士山・・・ゲット!

・・・そんな

ルートを引いてみたw



そして
ライド当日・・・

早朝に名古屋を出発

沼津の千本浜公園までトランポ


スタート前・・・
IMG_7698-1.jpg
チラッと見える富士山に
期待が膨らみますw

ライドに備え
空気圧、ブレーキ、ライト、ボトルなど最終チェック

準備が整ったところで・・・いざスタート


しばらくは沼津市内を走行します


ところが

スタートして間もなく・・・

信号待ちで
今回のライドに備え交換したスプロケについて
熱く語るひろ@bikeさん

そんなひろさんの後輪から

突然、シューーー

・・・と何かが漏れる音

そうです
僕自身、ご無沙汰している
あの・・・アクシデント

パンクです
IMG_7702-1.jpg
噂のスプロケが・・・とってもピッカピカw

そんな、
普段からマメにメンテをするひろさん
ささっとチューブを交換
CO2も一発でキメ・・・お見事!w


ライドを続行します


K144を東進、狩野川(かのがわ)へと向かいます

狩野川の土手まで来たら・・・右折

サイクリングコースのL9(左岸9km)ポイントに合流
IMG_7703-1.jpg
そこからは上流側へ向かって
およそ20km先の修善寺まで

途中、
石堂橋を渡り・・・右岸へ
IMG_7714-1.jpg

あとは
ただひたすら
IMG_7716-1.jpg
南下


ただし
今回のルート上、
川沿いを走行するため、川を横断する橋がある度、
車道を横断することになります

車道にさしかかり
手前で車列が途切れるのを待っていると・・・

停車して
横断を促してくれるドライバーが多い・・・伊豆半島
IMG_7722-1.jpg
ますます好感度がアップ↑

そんな
狩野川CCも

修善寺まで
あともう少しのところまで来ました

この先、
修善寺橋でCCも終わりです

皆さんには「修善寺駅で休憩します」と伝え
少しドキドキしながら、コースを外れ、駅方面へと向かいます

修善寺駅に到着・・・すると

そこには・・・
IMG_7723-1.jpg
輪行で修善寺入りしたToyさん

サプライズな合流に

皆さん、ビックリ!

僕は・・・してやったりww


しばらく
駅前で休憩・・・した後

少し移動して

修善寺温泉街をぷらっとします

虎渓橋から見る「とっこの湯」
IMG_7727-1.jpg
修善寺温泉のシンボルです

ミシュラン☆☆の修禅寺にも立ち寄り
IMG_7729-1.jpg
「富士山の眺望」と「ライドの安全」を祈願

ほんと、お願いしますよ!w


さてさて

これまでのルートは
ほぼフラットでした・・・が

ここから
いよいよ上りの始まり

K18を
IMG_7734-1.jpg
ひたすら上ります

上りが好きな方々は
IMG_7737-1.jpg
ドンドン行ってしまいます


修禅寺から9.5km

だるま山高原レストハウスに到着

果たして
待望の富士山は見ることができるのか?!


いざ、ビューポイントへ移動してみると・・・


ど~ん
IMG_7747-1.jpg
安定の富士山・・・雲隠れ(涙)

運が良ければ
真ん中辺りに拝むことができるハズなんですけどね
とても残念です

これはリピ、決定か?w

まっ、それは置いといて・・・

この先
しばらく補給ポイントはありません

レストハウスで少し早めのランチw
IMG_7745-1.jpg
わさび丼@500円

小皿にはピンクの富士山
わさびのツ~ンとする辛みと合間って・・・うれしいのか?ツライのか?
涙が出そうですw


補給後は

いきなり上りからスタート
IMG_7750-1.jpg

しばらく上ります

そして
見えてきた
道路標識には・・・「西伊豆スカイライン」の文字
IMG_7751-1.jpg
ここは一度
自転車で走ってみたかったんですよね

戸田(へだ)峠
IMG_7752-1.jpg
こちらを左折して

念願だった
西伊豆スカイラインを進みます
IMG_7755-1.jpg

空が近くに感じられる

スカイラインの名にふさわしい・・・こちら
IMG_7760-1.jpg

この先

さらに

テンションと標高が上がりますww