今回のライドには


大事なミッションが・・・一つ。


それは・・・

以前、(今回の参加者の一人)KOUさんがライドしていた時のこと、
不運にも落車、ご自身もバイクもダメージが大きく
自走は断念、奥さまに救護を要請・・・となってしまい

その時、奥さまが到着されるまでの間、
キズだらけのロディを
店内で休ませていただいた親切なお店があり・・・とても助かったのだという。

そのお店が
多賀大社の近くにあるそうで


せっかくお多賀さんへ行くのなら

お世話になった店主へお礼を兼ねたご挨拶に行きたい!・・・ということで


うわさの・・・
IMG_0748-2.jpg
ご主人と再会~w


「あの時はお世話になりまして・・・」

「あら~すっかり、よくなって!」
「また今日は大勢で来てくれて・・・」


とても気さくなご主人で
KOUさんのこと、そのときのことをよく覚えていらっしゃいました。

いいですね~こういうの

だから

ついつい

僕も・・・買っちゃいましたw
IMG_0750-2.jpg
近江牛コロッケ@200円

うわさ通り・・・うまい!w

これにて
KOUさんのミッションはコンプリートw



これからは
僕のミッション・・・


多賀大社の名物として

挙げられる・・・糸切餅・・・とは何か?


検索してみると・・・どうやら本家総本家元祖があるらしい

ちと、ややこしい・・・けど。


僕としては
少し離れた本家へ・・・と思っていたのだけど

この日は生憎、ルートと考えていた道路が工事中、
すんなり行けそうにもないので・・・今回は諦め。


では、どうしようか?・・・と思っていたところ


ちょうど

お店の前で
手招きしていた・・・・ネコに
IMG_0746-2.jpg
誘われて

入ってしまった・・・
IMG_0757-2.jpg
元祖 莚寿堂


他店はわかりませんが・・・

こちらのポイントは
イートインができるところ。

店内で・・・メニューをチェック
IMG_0756-2.jpg
土日祝限定の・・・メガ(約8個分)とギガ(約16個分)

実はあまりオトク感が感じられず
しかも、糸切りの手間を省いているのでは!?

・・・ということに気が付いてしまった

糸切りビギナーの
僕がオーダーしたのは

40年間据え置きプライスの
IMG_0753-2.jpg
糸切餅(2個)@100円 

セルフサービスのお茶とともに・・・パクッといただきます。

中の餡は・・・「こし」でしたが
それもアリ、美味しかったですw

他にもバリエーションとして
天ぷら仕様もあるようですが・・・それは
IMG_0758-2.jpg
たぶん・・・ないな。


次回、
工事が終っていたら本家へも行ってみたいと思います。
それはまたいつか~w


さてさて

ほど良く・・・満喫した
IMG_0759-2.jpg
お多賀さんを後に

これから復路です。


復路は
往きと同じではつまらないので
別ルート


元々今回は

三重県方面から・・・R306を走ろう!と思っていたのに


残念ながら・・・
IMG_0761-2.jpg
通行止めとなっており・・・断念。

結果、奥永源寺の道の駅をデポ地とすることになりました。


それにしても
いつになったら開通するのやら・・・。

しかし、そのおかげなのか
交通量が少な目な・・・R306
IMG_0762-2.jpg
走りやすいw



途中からは・・・K34へ

これがまたとても走りやすい

このルートは
地元ロディの練習コースとなっているらしく

犬上ダムまで上って休憩をしていると・・・後からも続々と上ってきます。


実はここまでかなり上りました。


ソロで上がってきた地元の方に訊ねてみると

この先は・・・さらに
シンドイ・・・らしい。

ただ、反対(永源寺)方面からの上りはもっとエゲツないよ!w・・・と教えてくれました。


それを聞いて

良かったのか?悪かったのか?

「シンドイ」キーワードだけをインプットされた・・・一行
IMG_0764-2.jpg
テンション下げ気味で再スタート。


序盤は
それほどでもなく・・・いい感じw
IMG_0767-2.jpg


しかし

徐々に
IMG_0772-2.jpg
斜度が上がっていきます。


途中・・・

路面が
アスファルトから石畳に変わり・・・


谷に沿って水が流れてます。
IMG_0773-2.jpg
う~ん
こういう所を何っていうのか?・・・ど忘れ。

ちなみに・・・
「山と山の間のくぼ地の呼び方について
西日本では谷と多く呼ばれ、東日本では沢と呼ばれる」・・・らしいです。


上りはさらに続き・・・
IMG_0778-2.jpg

ヒィヒィ好きなひろさんは
IMG_0781-2.jpg
ピークに向かって加速!


そして

今回のピークとなる

筒井峠に到着。


そこには
何やら案内板が・・・

これから先は
IMG_0782-2.jpg
木地師街道と呼ばれ

ここ筒井峠の頂点には・・・

「木地師の祖」とされる惟喬親王(これたかしんのう)の御陵があり

そのまま街道を下っていくと
木地師の里となる、いくつかの集落があるようです。

IMG_0787-2.jpg

そんな
木地師の里も気になりますが
今回はもっと気になるところがありますので

そちらを優先して・・・

IMG_0790-2.jpg

林の中を一気に下ります!w



アノ方がオススメしてくれた
アノ店へと・・・【続く】