墨俣一夜城を見た後は・・・



墨俣宿から

正規ルートに戻り
IMG_2809-2.jpg


この先の

揖斐川を渡ると・・・


いよいよ

大垣宿
IMG_2806-2.jpg


大垣の市街地では
IMG_2807-2.jpg
美濃路の案内が各所にあり

その矢印を頼りに走行





無事

むすびの地までやって来ましたw

IMG_2804-2.jpg


ほんとうのゴールは
この先の・・・垂井なのですが


今回は
時間の都合上

ココまでw


この続きは・・・また、いつか。




さてさて


せっかく
大垣まで来たからには

お気に入りの
IMG_2797-2.jpg
鶴丸さんへ


いや~

久しぶりw

いつぶりだろう



いつもなら・・・

IMG_2798-2.jpg
悩むことなく

「中華そば定食」・・・なんですが



こんなに暑いと


ひやひやのメニューに目がいき
IMG_2800-2.jpg


その中から・・・



初めての
IMG_2802-2.jpg
ひやし中華@600円



・・・ん!?

何かがおかしい・・・。



氷はともかくとして

まさかの・・・わさびに

軽いカルチャーショック!


初めて中華そば定食をいただいた時もビックリしましたが


初めてのひやし中華・・・も

ビックリですw


安定の晴れとなった・・・この日


前回、DNFとなった美濃路トレースの・・・リベンジ!



序盤はショートカットして

春日から合流
IMG_2740-2.jpg


ここで、ふと


前回、
気が付かなかった・・・道標を
IMG_2741-2.jpg
しげしげと見る

かなりのカッチリガードw



この後は
二度目の美濃路をたどり



断念した・・・ポイント

小沢(こざわ)へ
IMG_2746-2.jpg

こちらから

トレースを再開




走り出して・・・すぐ

稲葉宿
IMG_2748-2.jpg


稲葉宿中問屋場跡
IMG_2749-2.jpg
この辺りは風情があります。



稲葉宿の先は・・・カクカク曲がって
IMG_2755-2.jpg
少し迷いそうになりながらも・・・



萩原宿
IMG_2759-2.jpg


この宿場町で気になったのは・・・


商店街の中にある

コチラ
IMG_2812-2.jpg





コチラ
IMG_2816-2.jpg

なかなか
いい感じw


この辺りは
また、改めてゆっくりリサーチしてみましょう。



さてさて



萩原宿の後は

名神高速を過ぎて
ルートを西寄りへ
IMG_2766-2.jpg

北西方向へ向かうと



ひときわ目立つ
IMG_2762-2.jpg
冨田一里塚



塚の後は

IMG_2770-2.jpg
まっすぐ進んで



起(おこし)宿
IMG_2772-2.jpg


こちらには
一宮民族歴史資料館と起(おこし)本陣跡
IMG_2773-2.jpg
資料館の方はなかなかの見ごたえ。


本陣の・・・裏には
IMG_2774-2.jpg
立派な庭園





先へと進みます。

起宿の先には・・・木曽川


渡しがない現代では
IMG_2810-2.jpg
美濃路を外れ
濃尾大橋を渡る。



途中
名鉄竹鼻線を横断して


西方寺道標
IMG_2777-2.jpg


そのまま
土手に上り

境川沿いを進む。
IMG_2782-2.jpg


東小熊の一里塚
IMG_2787-2.jpg


境川を外れ

長良川に合流したら

長良大橋を渡り


墨俣宿
IMG_2790-2.jpg


墨俣といえば・・・


墨俣一夜城
IMG_2794-2.jpg

ここまで来たら

目的の地まで

あともう少しw
曇りの予報だった・・・この日



偶然存在を知った先月以来・・・気になっていた
美濃路のトレースを決行。


しかし

トレースとは言っても・・・

名古屋市内の区間
起点の熱田から・・・は除外。




今回は



庄内川の右岸

枇杷島橋の近く


前回、講習で来た時には見つけられなかった・・・
IMG_2703-2.jpg
美濃路の道標から


IMG_2701-2.jpg
スタート



ルートは

先人たちの努力の結晶を
IMG_2696-2.jpg
ちょいと拝借

・・・感謝w




その赤線を頼りに


白線に沿って・・・
IMG_2707-2.jpg
走行



須ヶ口一里塚跡
IMG_2709-2.jpg


清洲城跡
IMG_2710-2.jpg
右側の・・・ではなく左側


この後
名二環を越え



IMG_2712-2.jpg
少しウエットな路面が気になりつつ


さらに進むと


西から


だんだん
雲行きが怪しくなってきて
IMG_2714-2.jpg



「あ~ヤバイな」


・・・と思ったところで


やっぱり・・・
IMG_2720-2.jpg
降ってきた・・・。



運よく

庇のある

ところがあったので・・・緊急避難




それにしても

なかなか止まない・・・雨。


IMG_2715-2.jpg

まだ

清洲なんだけど・・・

もう帰ろうかな


心が折れかけた・・・頃、


一旦、雨も止んだので・・・



近くの公園の

ちょっとアバウトな地図を眺め
IMG_2723-2.jpg



もう少し行ってみようか!・・・と


リ・スタート
IMG_2724-2.jpg


この先

JRの踏み切りを渡り

エレベーターのタワーを横目に
IMG_2727-2.jpg
稲沢市へ


この区間は
IMG_2726-2.jpg
あまり風情もなく、正直・・・つまらない。


しかし

はじめて見る

はだか祭りで有名な
IMG_2731-2.jpg
国府宮・・・で

テンションを上ゲw



その後

名鉄の踏み切りを渡り

ルートは少し北よりに


北西方向へ進むと・・・



小沢(おざわ)

IMG_2732-2.jpg
・・・ではなく小沢(こざわ)一里塚跡


すると


ここでも・・・ポツポツと



あ~

またまた、ヤバそ~


・・・で緊急避難



この日二度目の・・・
IMG_2734-2.jpg
撃沈・・・。



あともう少しで
IMG_2697-2.jpg
稲葉宿だったのに・・・


さんざん
天気予報に裏切られ



美濃路ファーストアタックは



IMG_2736-2.jpg
こちらでDNF


前回のランチから

およそ一ヶ月


またまた来てしまった・・・山岡の
IMG_2637-2.jpg
おばあちゃんの手づくりの店


前回、
初めて食べたランチが

気に入ったので
リピ利用w


オーダーは
前回と変わらず・・・の


IMG_2634-2.jpg
おふくろ定食(ちらし寿し)@600円


今回も美味しかったです。

ごちそうさまw



さてさて

ランチの後は

この近くで見つけた
気になるポイントへ



当初
最短ルートを選択するも・・・



道路事情により
IMG_2692-2.jpg
やむなく迂回


三郷側からアプローチして
IMG_2693-2.jpg
たどり着いた


ココは・・・

IMG_2640-2.jpg
寿老の滝


左右に分かれて流れ落ちる
IMG_2641-2.jpg
二本の滝


どこから流れてくるのか?
源流が気になるところ・・・ですが


滝口からの流れが対照的な二本の滝
IMG_2647-2.jpg
左側は岩肌に沿ってス~と流れ・・・どちらかといえば静的な流れ


一方、

右側の滝は

10mの高さから飛び出し

その後、岩肌に打ち付けられる様子はダイナミック!
IMG_2667-2.jpg
見ていて興味深いものがあります。


もし、打たれ希望なら

間違いなく・・・コチラ!w


その
滝つぼの近く

大きな石の上に腰を下ろし

しばらく
水しぶきと共にその風を受けていると
IMG_2665-2.jpg
心地よい天然のクーラー・・・いやいや

ちょっと寒いくらい


水温も
円原川ほどではありませんが・・・

IMG_2670-2.jpg
ヒヤッと!



夏の避暑地に・・・
IMG_2649-2.jpg
おススメです。



その寿老の滝・・・のすぐ近く


川沿いに佇む
IMG_2679-2.jpg
・・・こちらの建物


いったい
何だろう?・・・と

ぐるっと回ってみると

IMG_2675-2.jpg

どうやら
カフェのようです

IMG_2677-2.jpg
了息庵



あとで調べてみると・・・

事前予約をすればランチもいただけるコチラのカフェ

・・・ちょっといい感じですw
梅雨の晴れ間


「××講習を受講せよ!」・・・との

業務命令を受け

講習会場へ



いつものジテツウとは
IMG_2575-2.jpg
違うルート


名古屋市内を横断するように

とにかく
西へ
IMG_2579-2.jpg


お城を横目に
IMG_2581-2.jpg


さらに西へ
IMG_2587-2.jpg


この先

庄内川にかかる

枇杷島橋を渡り

斜め左に進む・・・と


お!


ちょっと

それっぽい・・・雰囲気の
IMG_2592-2.jpg
街道へ



風情のある
IMG_2593-2.jpg
建物が点在する


ここは・・・
IMG_2604-2.jpg
美濃路


今までノーマークだった・・・美濃路


そういえば
走ったこと・・・なかったな~


しかし

講習会場は・・・すぐそこ。



今回は・・・ここまで。




でも



まだまだ続く・・・
IMG_2596-2.jpg
美濃路。



この先の・・・ルートも

気になるところw